記事一覧

勉強、仕事、あらゆるデスクワークへの最終兵器

今回、お話しする方法(正確にいうと道具)は、今まで書いてきた、そして今後書いていくであろう、勉強法や読書法の中で最高位に位置するものです。

 他の全ての仕事法を忘れ、道具をなくしても、これだけは残しておきたい。

 いや、これさえあれば何とかなる。

 よく、「無人島に持っていく一冊」なんて話がでますが、わたしが、もしユークリッド世界の向こう、ディラックの海へ追放されるとしても、必ず持って行くのが、これ↓です。

ファイル 340-1.jpg

 そう、耳栓です。イヤープラグ。

 なに、安いモノで良いんです。わたしは、100円ショップで売っているシリコンのものを使っています。(写真のものは、予備に鞄にいつもいれている新品)

 ちなみに、わたしの「無人島にもっていく一冊」は、人生の師、東海林さだお氏の文春文庫愛蔵版『何たって「ショージ君」(1340ページ:もう文庫型漬け物石)』↓です。

ファイル 340-2.jpg

 誤解しないでいただきたいのは、外界の音を遮断するために耳栓を使うのではない、ということです。

 それなら、昨今はやりの、外界の音を取り込んで位相を反転させ、元音にぶつけて相殺(そうさい)させるノイズキャンセラーの方がずっと有効です。

 仕事や勉強の時に耳栓をするのは、自分の内なる音、自分の声や骨の音、心音、血管を流れる血液の拍動、つまりフィジカル・インナーサウンド(かぶらや命名)を聞きつつモノを考えるためです。

 自分の内部の音を聞くと、不思議と落ち着くものです。

 それこそ、どこに行こうとも一緒についてきてくれる仲間、まさに身内の信頼感のある音だから。

 さらに、暗記する際に音読すると、骨伝導で少し低くなった自分の声が、気持ちよく脳内に響く。

 付けはじめは、あまり効果がわかりませんが、装着して10分も経つと、冷静でありながら、脳の一部が活性化されてくるのを感じはじめます。

 さらに内部の音を聞き続けると、だんだんトランス状態になってきて、脳のクロック数がアップするような気がしてくる。

 そう、耳栓をすると、脳のベースクロックがアップされるのです。

 個人的な感想ですが、耳栓をして仕事をすると二倍以上の能率になるように思います。

 実際、わたしは、以前、耳栓をして1日で180枚の小説を書いたことがある。

 耳栓は良いですよ。

 軽いし、安いし、歩きながら使わないかぎりほぼ安全。

 副作用はまったくないでしょう。

 経過時間が気になるときは、携帯電話のバイブレーション・アラームを使えば良い。

 仕事でせっぱ詰まったり、デッドラインが近づいた時、最後の頼みは耳栓です。

 100円で手に入る、脳内クロック・アクセラレーター、イヤープラグの使用をぜひオススメします。

追記:
 ちなみに体内音ですが、わたしは他の生き物の音も聞くのが好きで、よくウチのケツ子(♀黒ネコ)やロボ太(プロフィール写真♂ネコ:ケツ子の息子)のお腹に耳を当てて音を聞きます。
 ポコポコなんて消化音をじっと聞いていると、水中にいるような不思議な気持ちになって気持ちが落ち着くのです。変ですかね?

学習前に前屈と体反らしをする

 これは、ある本で知って実行したところ、予想以上の効果があった方法です。

 ある学習塾の講師が数十年にわたって生徒を観察して気づいたのは、前屈とブリッジができる生徒は例外なく集中力の続く生徒だということでした。

 勉強のできる子供が、前屈だけでなく背中を反らせるブリッジもできる、というのがポイントです。

 どちらか片方ではいけません。

 これも、毎日ストレッチをして、前屈もブリッジも完全にできるようになるのが理想ですが、なかなか一朝一夕にはできないでしょう。

 そこで、これから仕事や学習をするという時には、軽い前屈と、腰に手をあてて軽く体を反らせるストレッチを交互に5回行うのです。

 これだけで、仕事に対する集中力が増します。

 あと、マリナーズのイチローがよくやる股割り、四股(しこ)ふみも効果的です。

 これも、3~5回行うと効果的です。

 ぜひ、お試しあれ。

立って勉強する

 最近の研究で明らかになったように「筋力をつけると学力はアップ」します。

 つまり、何かを学習するのに、筋力トレーニングをするのは有効だということです。

 しかしながら、そんなに一朝一夕には筋肉はつきません。

 一週間後、あるいは三日後に必要な勉強に、付け焼き刃の筋トレは間に合わないのです。

 こんな時は「シンクロ・マッスル学習」を行うようにします。

 これは、何かを暗記したり学習したりする際に、機械的単純運動をする、という方法です。

 たとえば、部屋を歩き回りながら、あるいは軽くスクワットをしながら暗記を行うわけです。

 特に、暗記の際は、声に出して自分の声を骨伝導で耳にしながら行うと効果的です。

 また、何かについて考える時、歩くのはかなり有効です。

 さすがに、暗記をする時は危ないので室内で行うべきだと思いますが、それ以外なら、散歩することが非常に効果的です。

 カントや西田幾多郎だって、だてに散歩しつつ瞑想していたわけではないのです。
(時間に正確なカントが毎日散歩に行くのをみて人々は時計を合わせ、西田幾多郎が歩いた京都南禅寺→銀閣寺間の道は、哲学者の小径と呼ばれるようになりました)

 わたしの経験でも、小説のプロットやブログの内容を考えるために、行きつけの本屋まで早足で20分の距離を往復すると、驚くほどいろいろな考えが浮かぶのは確かです。

 そういった運動が面倒であれば、立って学習するだけでも効果的です。

 わたしも、よくグランドピアノの上にノートパソコンを置いて、立ったままブログを書いています。

 経験的に、立ったまま文章を打つと、座って行う作業の1.5倍ほどの効率があるようです。

 ぜひ、お試しください。

ページ移動